『青葉くろがね会』設立についての概要


大きな災害時に発生する食糧難に対応する為、発生から6日目以降に必要となる食料の開発・製造・販売を行う為の募金活動を、FORO「鉄」(フォーロくろがね)という名称の拠点を設置して行います。

日本において、所謂サバイバル食と呼ばれるような簡易的な内容のものは充実した状況にありますが、人間は同じ品目で温度の低い食料を6日間以上は食べ続けられないという事実が、2011年東日本の震災時における多くの実例や、マスコミ関連による複数の実験によって明らかになっています 。

今後想定される首都圏での大きな災害時に、現状の市販されている非常食だけで長期間に渡る被災状況を多くの人々が乗り切るのは困難だと考えております。

今後は『温かくて調理された複数のメニュー構成になっている7年間以上保存の出来る非常食』という内容のものが必要になります。

この非常食の材料からの製造・販売活動を、発達障害を持つ子供に行っていただければと考えております。

近年、人口減少や高齢化が進行する中で、医療分野や福祉分野と連携した食品分野や農業分野の取組みが各地で盛んになっております。こういった流れの中で、発達障害を持つ方々の大きなテーマである「自立」を支援し、地域の一員として生きがいを感じてもらえる社会づくりの為に、この非常食事業を行いたいと思います。

具体的には、食材を農作業にて作っていただきます。農業を行うことでただの税制対策になっている無意味な農地の活性化にもつながります。地域で農業を真剣に営んでいらっしゃる方々とも協力して共に作業をしていただくことで、その土地に根ざすきっかけとなり、発達障害を持つ方々の地方への分散という状況も回避できる可能性が生まれてきます。

ここで出来た野菜は販売所を設けて販売します。同時にそこで働いていただければと思います。既にある技術と情報をもとに、地元の食材と合流してきた多くの食材をプロの料理人の方にメニュー製作を行っていただきます。長期保存する為の技術や既に販売されているメーカーの情報を活用して協力していただきます。

就労に必要な技術・訓練自体をこの全ての工程内で必要な部分を利用していただきます。その為に専門機関の方々にも参加協力していただき必要な実務を行っていただきます。これらの活動は多くの方々に関わっていただくことで、発達障害を持つ人々の手助けとなり、大きな震災時においては更に多くの人々の役に立つことのできる、安全で美味しい日本の食材を活かす事業を行いたいと考えております。

この活動に参加する発達障害を持つ子供たちを募集します。グループの名称は「青葉くろがね会」とします。

「青葉くろがね会」設置に関すること


◎ 「青葉くろがね会」会長を福澤成泰とします。

◎ 活動拠点の名称『FORO鉄』(フォーロくろがね)を横浜市青葉区鉄町765-1に設け、農作物販売活動等を中心とした地域住民活動の輪の一部となる活動を行います。そこで株式会社FORO代表福澤成泰の提案する「非常食製作ビジネスの募金活動」を行います。

◎ この非常食ビジネスに必要となる全ての経費はこの募金から拠出します。

◎ 募金の方法はFORO「鉄」へお越しの際にスタッフへの手渡しか、あるいは「青葉くろがね会」の口座へ直接お振込みください。

◎ 募金の受取りは「発達障害を持つ子供」とします。「FORO鉄」に於ける活動に関わりたいと思っていて、それが自身の為でもあるという方々で構成されていれば、将来(株)FOROがあろうとなかろうと、福澤がいてもいなくても、募金は永続的に存続させる事が可能になると考えます。

◎ 完成した非常食はFOROを窓口としてインターネット、農協等で販売します。FOROではこの非常食が販売できるようになったら、株主を個人向けに出る限りの最小単位で募集します。株式会社は株主の利益の為だけに存在するものですので、FOROは賛同してくださる株主の為にこの非常食を徹底的に販売します。それはつまり災害対策でもあります。非常食以外に今後発生していくFOROの事業活動による売上げの一部は青葉くろがね会への募金にします。これは今後の日本の「食」につながる重要な活動でもあります。発達障害をもつ子供たちの為に行う全ての活動は、この世の中に生きている人々の為になる事だという事です。FOROとはそれを実践していく会社です。

◎ 団体の銀行口座と活動拠点「FORO 鉄」の管理運営は福澤成泰が行います。

◎ 集めた募金の会計処理担当を青山 尚が行います。(会計事務所で働いている専門家です)

◎ 一年に一度、活動報告を会員の方々へ郵送にてご報告し、全て公開します。その他の細かい内容はFacebookなどで随時確認していただけます。



青葉くろがね会 会長      福澤成泰

青葉くろがね会 会計担当    青山 尚